アーカイブ

利用の流れについて

バスタオル

綺麗にしたい物を店舗まで持っていき、済んだ物を取りに行くのがクリーニングの一般的な方法です。しかし最近では、宅配してくれるクリーニング店が増えています。
宅配クリーニングはあまり浸透されていない方法ですが、一部から絶大な支持を得ています。特に家事や子育てに追われる主婦にとっては嬉しいサービスです。
持って行くのが面倒だったり取りに行くのが面倒だったりする人は多く、クリーニング店そのものに行く機会がないという人も少なくありません。
しかし、宅配クリーニングなら綺麗にしたい物を家まで取りに来てくれますし、済んだ物を持って来てくれるサービスを行っているのです。

■予約から支払いまで
宅配クリーニングを利用するには予約が必要です。電話やネットで気軽に予約を済ませる事が出来ます。
店舗にも寄りますが、予約の2時間後に取りに来てくれる場合もあります。また、1週間以内にはクリーニングが済んで家まで届きます。ダンボールで届くのが一般的ですが、たたみジワにならないように丁寧に包んでくれています。
利用料金の支払いは代金引換とクレジット払いの2種類が基本となります。往復分の送料がかかりますが、クリーニング料金が一定を超えると送料無料になります。

■不在でも安心
宅配ボックスが用意されている場合、そこに届けてもらう事が出来ます。このサービスがあれば多忙で宅配が受け取れない人でも安心して利用する事が出来ます。
自宅に取りに来てもらう方法の他に、自分で出すという方法も選べます。業者が来る時間帯に家にいられないならコンビニなどを利用して送れます。
つまり、引き渡すのも受け取るのも自分の都合の良い時に指定出来るという事になります。全ての工程はネット上で行うのがほとんどです。時間を気にする事なく、いつでも気軽にクリーニングを利用する事が可能なのです。
店舗の会員になるとお得なサービスが用意されているので、よく利用するのであれば視野に入れておくと良いでしょう。

オススメリンク


調節する

利用者がやるべき事

業者によって運ばれてきた衣類を責任持ってクリーニングするのは宅配クリーニング店ですが、業者に引き渡す利用者にもやるべき事は色々あります。
色移りを避ける為には、色の付いた衣類と白い衣類を一緒にしない方が好ましいです。どちらも乾...Read more


家政婦を雇う

確認しておく事

宅配クリーニングは全国に対応しているケースがほとんどです。店舗から離れた地域だと往復分の送料がかかりますが、クリーニングに出す衣類の数が多ければ送料無料になる店舗が多いです。
予約をした後に業者に衣類を引き渡しますが、業者が店...Read more


乾燥機

出せない衣類

宅配クリーニングでは、取り扱っていない衣類もあります。毛皮や着物、下着や帽子などです。
その理由としては、店舗から利用者の自宅まで運んでいる途中にシワになったり型崩れが起こる可能性がある為です。
また、臭いやカビの原因...Read more

関連リンク

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930